さくさく子連れ&こそっと日帰りブログ

マイラー1児のママVS旅行嫌いパパの負けられない戦い~夢は家族でハレクラニ!夫に内緒でANAプラチナ達成

【スポンサーリンク】

【隠密ママがゆく①】30万マイル貯めてもハワイに行けないっ!子連れ旅行を反対する夫を、まずは徹底的に分析した!

マイラー妻:ねえあなた!私、頑張って30万マイル貯めたの。

家族でハワイに行きましょうよ!!もちろん優雅にビジネスクラスで(^^♪♪

旅行嫌い夫マイルを無駄使いするんじゃない。

エコノミークラスで何回も旅行したほうが得じゃないか。

 

妻:……。じゃあ家族で、夏休みにエコノミークラスで近場の海外でも行ってみましょうよ。グアム?香港?国内でもいいわね。北海道か沖縄なんでどうかしら?

「旅行自体がそもそも無駄遣いだよ。そんな事を考える暇があるなら、もっと家のことをやればいいじゃないか。」

妻:……。

 

 『家族で得得 マイル作戦』は失敗した!

それじゃ次の作戦だぁぁー!!

f:id:riokeywest:20170218171546p:plain

  ONMITSU the BLOG!

鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス by徳川家康 作戦』の巻

はじめに

夫に旅行を反対されている、旅好きなママが注意すべきこと。

それは「旅行に行きたいのに夫が理解してくれない」「こんなに説明しているのに何で夫は分かってくれないの!!」という不満を抱えたまま、夫と直接交渉することは避けた方が良いということ。

私の場合ですが、夫に浪費家ダメ妻のレッテルを貼られ、結婚生活が破綻しかける。という状況に陥りました。

 

不満を抱えたまま、夫との直接交渉を避けるべき理由として考えられること

  • 私自身の心の余裕のなさが夫に伝わり、訴えを軽視される
  • 旅行したいしたいと気持ちばかりが焦り、私の言葉に説得力がなくなる
  • 私の意見に夫を従わせてやろうという魂胆が見え見えで余計に警戒される

なんとか自分の欲求を通そうという事ばかり考えた結果、単に旅行したいという話しだったはずが夫婦の危機となったと考えます。要するに胡散臭さMAXな状態で、相手を説得しようとしても逆効果だということ。

そこで夫と旅行の件について話すことは止めて、しばらく様子をみることにしました。夫婦喧嘩のような状態が続くのは、子供に悪い影響もあるでしょう。たとえまだ子供が小さかったとしても。

 

そもそも小さな子供がいるんだから、大きくなるまで海外旅行は我慢したら?

旅行好きだというのは私の性分ですので、無理に変えたり我慢する必要はないと考えます。ママになっても好きな物は好きと言っていい。自分を誤魔化かして生活していると、知らず知らずのうちにストレスが溜まる。そのストレスの影響は家族の中で最も力の弱いもの、つまり子供に向かってしまうのではないか。私はそう思います。

だだし旅行をするために、家族に負担や迷惑をかけない方法を考えるのは絶対条件。当ブログのタイトルの前半部分「さくさく子連れ旅」は、そんな思いでつけました。子供と一緒に世界を快適に旅する方法を考えていきたいから。

 

鳴くまで待とう作戦の効果

現在は私自身が適度に気分転換を図っている事で、冷静に夫と対話できるようになったと思います。状況は改善しているのではないでしょうか。

 子連れで海外旅行なんて絶対反対!と言っていた私の夫ですが、交渉を続けていくことで徐々に変化がみられています。最近は2年後にグアムくらいなら行ってもいいかなーとか、のたまっていました。

夫「でも僕は、重い旅行の荷物は絶対に持たないよ。いつも仕事で忙しくしているんだからさ。

僕を疲れさせないと約束するなら、行くのもやぶさかではないね。

ですって!うわ面倒くさ置いてこ ん?改善してるんだよなぁーたぶん(笑)

f:id:riokeywest:20161005155607j:plain

 夫に、旅行やマイラー活動を反対されている ママの現状

マイルを貯めても、旅行そのものを封じられてしまうケースが多いのではないでしょうか。家族の同意が得られない状態で、小さな子供を連れて旅行をすることは困難です。そして子供を置いて出かけるなんて母親失格!してはいけないこと。そんな風習めいたものが、今なお根強く残っているように感じます。

女性、特に小さな子供がいるママの場合。生活費の多くを夫の収入に頼らざるを得ないことも、原因の1つと言えるでしょう。

私の場合は子供の保育園のお迎えの為に、勤務時間を短く調整しており残業は出来ません。収入は独身時代の半分ほどになってしまいました。

旅行にかかる費用は、夫の収入に頼らず私が働いた分から出すと決めています。個人の小遣いですから、使い道は自由なはずです。しかし夫から見れば、共有の財産を妻が無駄遣いしているとしか映らないようです。

 

そんな夫を説得しようと、旅行したいというの話を繰り返すのは逆効果といえるでしょう。なぜか?

夫が、妻の旅行を否定する原因で考えらること

  1. 旅行が好きではない。または海外へ行くのが不安
  2. マイルやお金など家の資産が減ることが嫌
  3. 子供に関する心配事が多く(海外での病気や、飛行機での過ごし方など)旅行に踏み切れない
  4. 本来は 家を守るべき妻で子供の母が、旅行やマイルにうつつを抜かしているのが気にくわない
  5. 妻が夫に意見をいうのが気に入らない。妻は夫に従うべき!お金を沢山稼いでいる夫は偉いのだー!

 自分の夫がどのタイプに当てはまるのか分析し、適切な解決策を考える必要があります。さて、わが愛する夫は何番のタイプに当てはまるでしょうか??

答えは全部該当する。でしたー(爆笑)!

 

妻の訴えを否定する夫というのは、多なり少なりこれらの要素を持ち合わせてると考えます。そして彼らに共通すること。古き悪しき日本の文化(男尊女卑)の傾向があり、不安が強い人物であるということ。似たもの夫婦とはよく言ったもので、その妻も同じように不安を感じやすいという特徴があると思います。

私が夫の反対を押し切ってまで海外旅行ができない原因は、不安からくるものでした。旅行に行きたいという気持ちはとても強いのですが、夫に反対されると心配になってしまうのです。子連れで飛行機に乗り、予期せぬ出来事が起こってしまった時に対応出来るか自信がないことも影響しています。

 

まず私は、自分の夫の性格を徹底的に分析する事しました。夫が、どの項目に最も強い拒否反応を示すのか見極めるのです。そこから活路を見出します。

夫だけではなく、夫と夫の両親との関係も考慮しました。人の性格や、思考の癖は子供のころからの生活に多く影響を受けているのですから。

 

  1. 夫の父親は、仕事が忙しく出張が多いため家に居ることが少なかった
  2. 夫の母親は、同居している姑から「嫁いびり」というパワハラ行為を受けていた

 これらの情報から、夫の両親は忙しく心の余裕がない状態だったのではないか。と考えました。子供の頃の夫は、忙しい両親に充分に甘えることができなかった。そして、寂しい思いをしていたのではないだろうか。

 「本来は 家を守るべき妻で子供の母が、旅行やマイルにうつつを抜かしているのが気にくわない」

私の夫は、上記の項目に強い反応を示す。と考え、解決策を探すことにしました。

 

鳴くまで待とうホトトギス作戦!まとめ

  • 自分と夫を客観的に見れるようになるまで、直接交渉は避ける
  • 焦って気持ちに余裕がない状態で相手を説得しようとするのは逆効果
  • 夫を徹底的に分析し、相手と有利に交渉するための準備を整える

 これらが、今後の作戦を展開していくうえでの要となります。大切なのは、相手を自分の思い通りに変えようとしないこと。反対意見を力技でねじ伏せたとしても、結局相手の不満や心配事は消えずに残っているのですから。

f:id:riokeywest:20161023075009p:plain

隠密ママ(にしきりお) スペックMEMO

  •  旅行嫌いの夫を丸め込み、貯めこんだマイルでハワイへの家族旅行を当面の目標としている旅行大好き妻
  • ホノルル最高峰といわれるホテル『ハレクラニ』に家族で宿泊することを夢見る1歳児のママ

 私は約10年前から細々とマイラー活動をしていました。空港会社のポイント(マイル)を貯めてお得に旅行したいのです。この記事をまとめるにあたり、最近放置気味だった自分の保有マイルを確認してみました(2016年9月末のデータ)。 

  • 258,337:ANAマイル (ポイントサイトやクレジットカード数年分) 
  •  75,665  :ソラチカカードでANAマイルへ交換待機中のもの
  • 148,356 :UAマイル  (フライトやクレジットカード数年分)
  •  35,972  :デルタマイル (フライトによるもの)
  • 337,000:アメックスポイント(例のお祭りによるもの)1ポイント≒1マイル

合計 85万5,330マイル

 下っ端マイラーにしては、案外貯まっていましたけどねぇ…。旅行に行きたくてマイルを貯めても、家族の理解を得られないと全く使用できないという実例をご覧ください…ウゥゥ泣。

 

 赤字表記のマイル(41万2,665)は、2016年4月頃からの半年ほどで貯まったものです。主に「ANAとマイルのパパじゃない」さんを参考にさせて頂きました。

kowagari.hateblo.jp

 情報収集をして、適宜行動すればマイルを貯めるのは難しくないと思います。それと少々の運も必要かもしれません。損をすることも時にはあるでしょう。その駆け引きもマイラー活動の楽しみの一つと私は考えます。

 

ANAのマイルは、有効期限が積算月の3年後の月末と決まっています。私が独身時代に貯めたマイルのうち、22万マイルは2016年8月より次々と有効期限をむかえ失効してしまうところでした。

夫にその旨を伝えたところ、子供が小さいうちは旅行は無理。失効するからと言って無駄に旅行する必要はない。失効するなら他のものに交換すればいいじゃないか。電子マネーに変えられるならそうしなさい、とマイルに興味が無く、特に旅行が好きではない私の夫は言うのです。

 

  •  隠密ママが考える理想的な22万マイルの使い道

例えばビジネスクラスでハイシーズンのハワイに行った場合の必要マイルは、1人6万8000マイル。夫婦で13万6000マイルです。

2歳未満の子供は大人運賃の10%(座席を利用する場合は大人運賃の75%)

仮に、2017年1月1日出発で、1月4日に帰国するとしましょう。この旅程の大人のビジネスクラス運賃は、52万7020円でした。1歳児を座席の利用無しでビジネスクラスに乗せるとすると、大人運賃の10%ですので約5万3000円。

22万-13万6000=残り 8万4000マイル 

1.5倍でスカイコインに変えたとすると、12万6000円分になります。子供分の運賃も十分に賄えます。

しかし、 夫の反対で旅行の目途が全く立たない!

 

ブチ切れた私はこれらのマイルを投入して、夫に内緒で沖縄へ9回日帰り旅行をする。という荒行(通称SFC修行)を決行する運びとなりました。旅行できない!!というストレスを発散し、客観的に物事をみれるようになったので結果としては良かったと思っています。

www.kodure-traveler.net

 

 続きはこちら

www.kodure-traveler.net

 

関連記事

 

www.kodure-traveler.net

www.kodure-traveler.net

www.kodure-traveler.net

www.kodure-traveler.net