さくさく子連れ&こそっと日帰り

旅好きママの冒険譚

【義実家に行きたくない】夫と子供だけで帰省すればいいじゃん!と思う妻の暗躍

【スポンサーリンク】

この記事は移転しました。約1秒後に新記事へ移動します。移動しない場合はココをクリックしてください。


 

先週までの私はカレンダーを眺めて、何度もため息をついてた
何故って?

めっっちゃくちゃ、夫の実家に行きたくないから!!
だってさ……義理の両親達に気を使って、凄く疲れる
せっかくの連休なのに、ぜーんぜん休まらない。今までは死んだ魚のような目で、しぶしぶ帰省していたんだけど

これが嫁の努め~とか何とか、自分に言い訳をして。でももう、自分に嘘は付きたくない。嫌なものは、イヤなのだっ!!

 

義実家に行きたくありません


自分の実家が大大大好きな夫に、そんなこと言えないよなぁ
義理の両親に、悪く思われたくないし


妻だし…
嫁だし…とか
小さな子供はママがいないと寂しがるし…とか

いろいろと考えて、我慢していた

そう、我慢。結婚ていうのは、そういうものだ
ママは忍耐。母はつらいよ

…?でも、ほんとうに??

連休が近づいてきた、とある日。3歳になった息子が、私に問うた

「ママ!じいじと、ばぁばの所はいつ行くの?」

もうすぐだよ。と私は答えた

…どうする、私!?
また『あのセリフ』を言ってみる?
昨年は、ママが居なくちゃ嫌だとギャン泣きされたっけ

さて、今年はどうだろう??


ゴクリ....!私は自分の意見を言うのが、大の苦手

しかし言葉を発しなければ、何も相手には伝わらないぞ。たとえ自分の子供でも

ママはね、ちょっと…お用事があるの
だから今度のお休みは、パパと一緒に行っておいで

ううっ!ちょっと声が震える。でも言った、言えた。えらいぞ、私…!

キョトンとする息子。えーと、私の言っている事は理解できているハズ
やはり、嫌…なのかな?

「えー!ママは行けないの?」

そうなの。大事なお用事があるから、ごめんね

(……うん。ママは1人でゆっくり休んで、気分転換をするという最重要ミッションがあるのだ。息子よ…すまないっ!!)

パパと2人で、行けるかな?

……かな?

「うん、わかったよー!」

 

!!!!

まじか!

寂しそうではあったが、息子は了承してくれた

ママが行けないということ
自分が行きたいと思う気持ち

双方の状況を把握して、どちらも尊重する

自分の力で考えて、結論づけたというのか。こんなに小さいのに

でも…そうか。きみは、この3年でずいぶんと成長したんだねぇ
いつか息子が巣立つ日を想い、ぽろりと涙がこぼれた

…よーし!とにもかくにも、道は開かれた!!
後は、夫に説明するだけで全て解決。連休ミッションは完了だっっ!

義実家には、薄情な嫁だと思われるだろうが……

それが、いったい何だというの?

 

義実家の評価よりも、私の安息の方が1000倍大事!

 

ママのストレスが解消されれば、家庭の安定性も高まるってもんよ

 

私は今回、義実家には行かない。自宅でゆっくり過ごしたいから

息子はパパと一緒に行くと言っているし、2人でゆっくりしてきて♪

ふぅぅ、手も震えるけど…大丈夫。大丈夫だ!

人の顔色を気にして、自分の意見や考えを言えない。幼少期からの生活環境で、そんな癖がついてしまった

私にとっては、清水の舞台から飛び降りる思い出で言わなくちゃならない
他の人なら容易に言えるような、簡単なことでもね

ええい、忌々しい

私は行かない!

この言葉を、何度飲み込んだことだろう
でも!!やっと…夫に、言えた!

夫「えっ!?キミはなにを言っているんだ?」

 「帰省するのに、妻がこないなんて!俺が変に思われるだろう」

 「俺の実家が、嫌だというのか?」

 

…あのね。まずは私の話を聞きまショウ

ていうか…息子の爪の垢でも煎じて飲むがいいわ!!

あほーーーー!

....!?
とは夫に言えなかったけど。さすがに

 

はぁー、ため息しかない。夫を納得させるのが、3歳児よりも大変だとは

そんな訳で、連休ミッションは継続っ!やれやれ

慎重に、息子に気づかれないよう。こそっりと遂行しなければならない
夫婦の言い争いを、子供に見せるなんて!だめよーだめだめ!

 

  • 感情的にならない
  • かつ、自分の意見はしっかりと相手に伝える
  • 嫌なものは嫌!自分の気持ちを大切に
  • 自分の思いにより、大事なひと(特に子供)を傷つけていないか?客観的な精査は必須
  • 焦らない。深呼吸、深呼吸....!


ぜーったいに、義実家に行きたくない!!妻

パパと一緒に、じいじ&ばぁばの家で遊ぶ!わりとノリノリな息子

連休に妻も帰省しないとは何事か!!夫


さあ、大混戦のはじまりだっ!勝利は誰の手に!?

 

最終的には、夫が折れた

あ…うちの妻と息子。俺の言うこと全然聞きそうにない、と諦めたのだろうか

夫「わかったよ、息子と2人で行ってくる。まったく、キミってひとは....!」

!!!!

ふぉぉぉ!やった、やったぜー!!
ママ&チビッコ連合軍の大勝利だーーっ!

f:id:riokeywest:20180504013628j:plain
『民衆を導く自由の女神』 ルーヴル美術館にて筆者撮影


…自由を勝ち取ったとは言え、ほんとうにパパと息子だけで帰省できるものか?

ママが行かなくても大丈夫?

寂しがったりしないかな

当日になったら、やっぱり行かないと泣くんじゃないだろうか?

いろんな思いが、ぐるりぐるりと巡る
そして、出発の日を迎えた

息子は朝からテンションが高く、早く行こうよとパパを急かす

私は息子と一緒に、着替えやおもちゃを鞄に詰め込んで

よし、準備オッケー!いってらっしゃーい!

んん?

少し寂しそうな表情で、息子が私の服の裾をつかむ

あらら、大丈夫??

「…うん。ママも車まで、一緒にきて欲しいの」

 

やっぱり寂しいから、行かないと言い出すかな?

しかしながら、乗り込んだ車の中では笑顔いっぱい

行ってくるねと、私に手を振る

成長した息子の、なんと頼もしいことか

ママが居なくて少し寂しいけど、きっと楽しいことが待っている。だから、きみは行くんだね

まだお座りもできないフニャフニャのきみと、義実家へ行ったっけなぁ

私は手を振り続けて見送った
走り去る、彼らの車が見えなくなるまで

 

おお、ついに行った…のか?

自宅に戻ると、当然ながら誰もいない
静かだ。とてもとても静か
こんなに落ち着いて、自宅で過ごしたのは何年振りだろう

 

床に寝そべって、ゴロゴロしてても怒られない

近所のショッピングモールに、1人で行ける

買い物をしていても、急かされない

いつも家族で立ち寄るフードコートで、自分の食べたい物が注文できる

 

少し寂しいけれど、良い感じ!

 

さて、パパと息子のデコボコ珍道中は、楽しくやっているようだ

義実家は一軒家だから、床で飛び跳ねまくってもパパに怒られない。息子は喜び勇んでジャンプしていたらしい。

 

就寝前には少し寂しくなったようで、ママに電話をかけてきたけれど

明日もみんなで、いっぱい遊ぶんだって!楽しみだねぇ


きっと今頃は、スヤスヤと寝ていることだろう

 

えっ、ママ?

早く寝なさいと怒る人がいないから、夜ふかししてやったぜっ!フヒヒヒ

さてさてフリータイム最終日を、めいっぱい満喫するとしよう